おもちゃのサブスク

おもちゃ

おもちゃの遊ばせ方~環境づくりの4つのポイント

せっかくおもちゃを買っても子どもが遊んでくれない、こんな悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

子どもがおもちゃで遊ぶには、そのための環境を整えてあげる必要があります。

環境づくりのポイントは、次の4つです。

  • もの(おもちゃ)
  • 空間
  • 時間

ここでは、保育園で実践されている環境づくりのポイントを順にご紹介いたします。家でお子さんに実践するときの参考にしてみてください。

環境づくりのポイントを知ると、今よりも子どもがおもちゃで遊ぶ時間が増えるかもしれません。

ただし、最初に言っておかなければなりませんが、環境づくりにはちょっとした配慮が必要です。

テレビやスマホと同じで、おもちゃも与えるだけではよくありません。でも少し工夫をすると、結果的に子どもが集中して遊ぶようになるでしょう。

子どものためにもっとおもちゃで遊んでほしい、という人はぜひ読んでみてください。

環境づくりのポイント①おもちゃの選び方

子どもの成長・発達に合わせておもちゃを選ぶ

ポイントの1つ目はおもちゃの選び方ですが、子どもに合っていることが大切です。

子どもに合っているおもちゃとは、

子どもの成長・発達に合わせておもちゃを選ぶ

詳しくは、こちらを読んでみてください。

→ 「おもちゃの選び方~子どもにとっておもちゃとは?」

キャラクターものはすぐ飽きる

テレビに登場してくるキャラクターもののおもちゃは、子どものウケがいいです。

スーパーのおもちゃ売り場にはこのようなおもちゃが多く、子どもの注意を引くには手っ取り早いですが、すぐに飽きてしまいます。気づいたら使わないおもちゃが多くなっていないでしょうか?

子どもにとっていいおもちゃは、自然と子どもが夢中になって遊びます。

おもちゃの量は多くなくていい

おもちゃの量が多いと、子どもは目移りしてどのおもちゃで遊んでいいか混乱してしまいます。

夢中になると子どもは繰り返し遊ぶので、そんなに多くの量は必要ありません

ただし子どもの興味・関心には個人差がありますから、何種類かは用意したほうがいいでしょう。おもちゃを全部出しても、子どもと一緒にかたづけられる数が目安です。

量が多いなと思ったら、子どもの目の前には見せないで、タイミングをみて入れ替えをしてもいいでしょう。

環境づくりのポイント②空間づくり

「いつもと同じ」は子どもが安心する

遊ぶスペースは日によって変えずに、なるべくいつも同じにしましょう。子どもは、「いつもと同じ場所」という安心感によって目の前の遊びに集中することができます。

また、おもちゃを置く位置は固定し、子どもから見えやすく手が届く位置に置きましょう。できればケースなどに入れず、手を伸ばせばそのまますぐ遊べる状態で並べておくのがいいでしょう。

小さなものでいいので、おもちゃ専用の棚があるといいです。子どもの目の高さに合うように低い高さのものがいいですね。

子どもが集中できるように「安全」、「整理整頓」

まず安全であることが第一です。子どもが周りにぶつかってケガをしないよう、危険なものは取り除きましょう。

集中して遊ぶためには周りを整理整頓をして、子どもの視界に他の刺激が入らないようにしましょう。テレビは刺激が強いのでつけっぱなしにせず消します。

もし机と椅子を使う場合は、子どもに合う高さのものを使いましょう。

環境づくりのポイント③時間

遊びの時間は生活の一部

子どもにとって遊びの時間は大切な時間です。大人がイメージする「遊び」とは違い、遊ぶことによって子どもは成長します。

保育園では必ず遊びの時間が一日のスケジュールに組まれています。休みの日はつい親の用事につきあわせてしまいがちですが、家でもなるべく室内遊びや外遊びの時間を作ってあげてください。

3歳未満の子どもでまだ小さいうちは食事・トイレ・睡眠の時間が長めになり、時間を確保するのも大変だと思いますが、遊ぶ前にはきちんと終わらせて遊びに集中できるようにしましょう。

そして遊びに集中しているときは、遊びを中断させないよう気をつけてください。

環境づくりのポイント④親の関わり方

「遊びの主役は子ども」を常に意識する

実は大人の関わり方は、最も大切な環境の一つです。

大切なポイントは、

「遊びの主役は子ども」を常に意識する

しかし、ついこんな事をやっていないでしょうか?

  • 親がいいと思った遊びを教えようとする
  • はやいうちに数字や英語を覚えさせようとする

子どものためにと思ってやるのですが、子どもにとって何が本当に大事かを考えたときによくありません。

では、「遊びの主役は子ども」を意識した大人の関わり方とはどういうことでしょうか。

子どもの主体性を大切にする①遊ぶ内容は子どもが決める

子どもは、自分が面白そうだと思ったものには自分から選択して遊ぼうとします。大人が一方的に選んだ遊びでは、子どもの主体性は育たず指示待ちの態度が身についてしまいます。

子どもが自分から選択して遊ぶとき、つまり主体的に遊ぶとき、時間がたつのも忘れて集中して遊びに没頭し、成長していきます。

そのためには、

「遊ぶ内容は子どもが決める」

ということが大切です。

おもちゃで遊ぶ場合は、いくつかのおもちゃを選べるように子どもに見える位置に並べて置いておくとよいでしょう

子どもが興味や関心を示していないのに、数字や英語の遊びを取り入れた早期教育をしようとするのはやめましょう。かえって数字や英語を嫌いになってしまう可能性があります。

子どもの主体性を大切にする②大人は見守りながらサポートする

大人は基本的に見守っていてよいです。

ただし見守ると言うと何もしなくてもいいのかと聞こえますが、子どもが遊びに集中しやすいようにサポートするがよいでしょう。

モデルを示す

子どもが遊び方がわからず、おもちゃを手にしても戸惑っているようなときは、大人が直接解決するのではなくヒントやアイデアを出したりすると遊びが発展していきます

また大人が楽しそうに遊ぶ姿を見せて共有することで、子どもの意欲や好奇心はよりいっそう育まれます。

子どもの「うれしい」に共感する

子どもが遊んでいる様子に合わせて、「できたね」、「音がきれいだね」など、その子どもの年齢に合わせた表現で言葉をかけてあげると、子どもは安心して遊ぶことができます。

また乳児など小さいうちの言葉がけは、言葉の理解を促します

人形に名前をつける

もし人形があれば名前をつけることを提案してみましょう。

人形遊びは、自分が親にしてもらったのと同じように人形にお世話をすることで、他人を愛おしく思う感情が芽生えていきます。名前をつけることでより愛着が湧くでしょう。

先回りしない

子どもの遊び方に正解はありません。夢中になっておもちゃで遊んでいる過程が大事なのです。

何かを「できる」ようになることを期待したり、先回りして大人が思う正解を教えようとしたりしてはいけません。

大人が強制する遊びでは、子どもは夢中になって遊びません

子どもの主体性を大切にする③かたづけも子どもに任せてみる

子どもに「かたづけなさい!」と言わなくて済むにはどうしたらよいでしょうか。

かたづけを強制したり勝手にかたづけをしたりしないで、「子どもに任せてみる」の姿勢がいいかもしれません。大人は一緒にかたづけを手伝ってあげましょう。

子どもは本来「いつもと同じ」状態が好きです。次のポイントを意識すると、子どもがかたづけられるようになるかもしれません。

遊びの流れの中でかたづけをする

かたづけも遊びのメニューにして必ずやるようにしましょう。ひとつ使い終わったら元に戻すことを教え、かたづけることを習慣にすると、一度にたくさん出して散らかし放題ということもなくなるでしょう。

かたづけやすい環境づくり

空間づくりのポイントでも言いましたが、おもちゃを置く場所をいつも同じ位置にするとわかりやすく子どもは安心します。

またおもちゃの量は多すぎると、かたづけるのが難しくなります。子どもが一度にたくさん出してしまっても、散らかりすぎない程度の量にしましょう。

できることから始めてみる

さてここまでおもちゃの遊ばせ方について、環境づくりのポイントをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

①おもちゃ、②空間、③時間、④人の4つのポイントを挙げましたが、正直なところ、忙しい子育ての合間にこんなに気を遣わないといけないのかと思うかもしれません。

できる範囲でできることから始めてみるといいと思います。

おもちゃをレンタルする

おもちゃ選びに困るという場合は、おもちゃをレンタルするという方法もあります。

マウントトイのサービスでは、

  • 年齢、発達に合わせておもちゃを選んでくれる
  • 定期的に交換できる
  • 毎月の料金は定額制
  • レンタルなのでおもちゃの収納・処分に困らない

気になる方はぜひ試してみてください

おもちゃの遊ばせ方~環境づくりの4つのポイント Read More »

おもちゃの選び方~どう選べばいいの?~

こんな悩みありませんか?

  • おもちゃを買っても子どもが遊ばなくてもったいない
  • 遊んでもすぐに飽きてしまう
  • おもちゃの収納・処分に困る

子どもを持つ親の悩みはどのご家庭でも共通じゃないでしょうか。そこで今回は、保育園がおもちゃを選ぶときの考え方についてご紹介いたします。

先に結論を言ってしまうと、

子どもの成長・発達に合わせておもちゃを選ぶ

ただし、覚えようとするのは大変です。子どもの気分や興味・関心には個人差がありますので、あくまでも考え方を参考にしてみてください。

おもちゃの選び方のコツを知ると

これからご紹介するおもちゃ選びの考え方を参考にすると、子どもがおもちゃで遊ぶ時間が今よりも多くなるかもしれません。

子どもにとっていいことですね。

親にとっても、

  • 子どもがおもちゃに集中している間、少しでも自分の時間が持てるかも
  • 買うおもちゃを減らせるかも
  • 家計の負担を減らせるかも

こんなメリットがあるかもしれません。

そもそも、おもちゃって必要なの?

おもちゃは子どもにとっていいと言いましたが、そもそもおもちゃって子どもに必要なのでしょうか?

「子ども=おもちゃ」が当たり前すぎて、考えないですよね。

子どもにとっておもちゃとは何でしょう?

子どもにとって「遊び」とは?

おもちゃは遊ぶものですが、子どもにとって「遊び」とは何でしょう?

「遊び」というと、大人は「勉強」の反対の意味をイメージしますが、子どもは遊びを通して知らない世界を探索しているといわれます。

子どもにとって「遊び」とは「学び」

子どもって、何度も同じことを繰り返しますよね。まるで大人が実験・失敗を繰り返しながら研究しているようなものなのです。

同じことを繰り返しながら、遊びに夢中になっているときに五感は刺激されます。

子どもにとって遊びとは学びで、子どもの成長を助けるのです。

なぜ、発達の理解が必要なの?

ではなぜ、おもちゃ選びに子どもの発達の理解が必要なのでしょうか?

発達には段階があります

発達心理学を研究したロシアの心理学者に、ヴィゴツキーという人がいます。保育や教育の現場など、子どもに関わる発達心理学において最も重要な理論を提唱した一人です。

彼は「子どもはなぜ遊ぶのか」を研究していました。

やがて彼は気づいたそうです。

「子どもが成長するには、遊ぶことがなくてはならない活動だ」

そして、

「遊びとは、子どもたちが、自分の能力の最近接領域の獲得のために活動するものなのだ」

と言いました。

最近接領域、難しい言葉がでてきましたが、

最近接領域とは、今出来ることの次の段階ということです。ひとりでは出来ないけど、少し助けがあれば出来ることです。

子どもは、寝返りから急に走り出したりしません。寝返りから、座る、ハイハイをして、つたい歩き、そして少しずつ歩けるようになり、しっかり歩くようになります。

手指の動きも、はじめは手のひら全体で握るだけ、そしてつまむ、やがて、叩いたりひねったりするようになります。

最近接領域の獲得とは、子どもたちが次の成長段階に進むときに「遊び」という方法を使って自ら成長していくこと、と彼は言うのです。

このような考えから保育の現場では、子どもが遊びに集中できるよう、成長・発達の段階に合わせておもちゃを選んでいます

おもちゃの選び方のポイント

では実際に、おもちゃを選ぶときどうしたらよいのでしょう。

みなさんは子どものおもちゃを選ぶとき、何を基準におもちゃを選んでいますか?

  • デザイン
  • キャラクターもの
  • 対象年齢

これらを確認して、何となく選んでいる場合がほとんどではないでしょうか。

特に対象年齢を参考にしておけば、大きなまちがいは無いだろうと思ってしまいますね。

まちがいではありません。

対象年齢は安全性も基準にして決められていますので、特に乳児など、子どもが小さいうちは対象年齢を守ったほうがよいでしょう。

しかし対象年齢はあくまでも目安で、たいてい「◯歳以上」としか記載されていません。

次からは、実際に保育園が行っている子どもの年齢・発達に合わせたおもちゃの選び方の例についてご紹介していきます。

発達段階に応じたおもちゃ選び方の例

例えば、乳児に靴ひもを結んでと言ってもできません。

同じように、1歳の子どもに3歳以上を対象にしたおもちゃを選んでも、子どもはなかなか遊べません。3歳の子どもと1歳の子どもでは、手指の動きが違うのです。子どもの手指の動きには、発達に応じてできる動きが変わってきます。

おおむね6か月未満

生まれたばかりの赤ちゃんは、大人が指をそっと差し出すと、強い力で握ってきます。反射的に握ってきます。

この時期は、握って遊ぶおもちゃがいいでしょう。

ニキ

手触りがいいものや音がするものは、聴覚や他の感覚を刺激します。

握り、見つめ、舐め、五感を使って、少しずつ自分の行動とその作用を理解していきます。

やがて、自分からおもちゃに手を伸ばすようになっていきます。よく赤ちゃんの顔の上におもちゃがぶら下がっているのがありますね。この時期に使うといいでしょう。

ベビートレーナー

おおむね6か月から1歳3か月未満

この頃には、お座り、はう、立つ、つたい歩き、というように運動機能が発達します。

また手先も、つまむ、ひっぱる、たたく、振る、転がす、出し入れする、などいろいろな動きが出来るようになります。

振る遊び
ひねる遊び

この時期に、いろんな動きが出来るようになった手指で自分の周りの世界を知ろうとしていきます。

おおむね1歳3か月から2歳未満

この時期は、歩きはじめ、手を使い、言葉を話すようになります。

この頃の手指の動きの特徴は、道具を使い始めることです。ノックアウトボールはハンマーで叩くおもちゃです。

「あちこちたたくのはいけませんが、ここはたたいていいからね」と教えてあげると、子どもは夢中になって何度も繰り返します。

ノックアウトボール

慣れてきて叩く位置を調整できるようになってきたら、ハンマートイがいいでしょう。叩きおわったら、ひっくり返してまた叩き始めます。

ハンマートイ

また、この時期のおもちゃとして「型はめ」もいいでしょう。

ポストボックス

形が偶然合って穴に入ることから、形に気づいていきます。手を動かしながら、発見を楽しみ何度も繰り返しながら、形を感覚として理解していきます。

おおむね2歳

この時期は、歩く、走る、跳ぶ、などの基本的な運動機能が備わり活動範囲が広くなります。指先の機能も発達し、出来ることがとても多くなるので遊びの種類が増えてきます。

自立心が芽生えてくる時期でもあり、何でも自分でやろうとします。

両手の手首をひねって連結していくおもちゃのロンディは、この時期がいいでしょう。手首の回転ができるようになると、食事のときスプーンを上手に使えるようになります。

ロンディ

ロンディは初歩的な構成遊びのおもちゃです。

構成遊びとは、積み木のように組み立てていく遊びです。2歳前後の遊びの特徴として、この頃から、おもちゃなどを何かに見立てる象徴機能が発達していきます。

またこの時期の特徴として、利き手が決まりだします。ひもを通す遊びは、役割の違う利き手と反利き手を連動させて、さらに細かい動作のため目と手の連携が必要です。

ひも通しポニー

ひも通しポニーは、この時期のおもちゃとしていいでしょう。

その他、型はめ遊びだと型が左右非対称のもの、スナップはめの遊び、ボタンかけの遊びなど、手指の動きに合わせて遊びが高度になっていきます。

おおむね3歳

この時期は、基本的な運動機能が伸び、食事・トイレ・服の着替えなどはほぼ自分でできるようになります。そして自立心がさらに育ち「何でも自分でできる」と強く主張する時期でもあります。

友だちとの関わりも多くなりますが、実際は、隣の友だちの遊びを真似したりして、それぞれが一人で楽しむといった遊び方(平行遊び)をします。

この頃は、ステッキ遊びもいいでしょう。

ステッキ遊び

つまむ遊びに加えて、やがて自然と色をそろえるようになっていきます。

つまむ遊び、色をそろえる要素があるおもちゃが発展したものに、アキシモやリモーザもいいでしょう。

アキシモ
リモーザ

これらのおもちゃは、今までよりもピースが小さく細かい動作が必要で、数が多いので色をそろえる遊びとしてこの時期に合っています。

そして集中して遊ぶことを経験することが、これから友だち同士で遊ぶための土台となっていきます。

おおむね4歳

この時期は、全身のバランスを取る能力が発達し、体の動きがうまくなってきます。

仲間とのつながりが強くなる一方で、けんかも多くなります。そんな中でルールの大切さに気づき、守ろうとします。

また、感情・想像力が豊かになり、相手の気持ちを想像して、ときには自分の気持を抑えたりと、我慢することを覚えます。

この頃から、ルールのある遊びとしてボードゲームなどもいいでしょう。2人から遊べるものから、たくさん種類があります。

バルーンズ
子やぎのかくれんぼ

はじめのうちは、集中力を持続させるためゲーム時間が短めのものを選ぶといいでしょう。

この時期に、子どもが集中して遊ぶおもちゃにプリズモがあります。

プリズモ

小さなピースを好きなように並べてコマを作っていきます。並べ方によって、コマを回したときの色がどんな色になるか楽しみもあります。

コマを回すには指の動きにコツがいります。

おおむね5歳から6歳

この時期は、基本的な生活習慣が身につき、運動機能はますます伸びて、喜んで体を動かします。

仲間と集団で遊ぶことが増えてきて、自分たちで遊び方や決まりを作ることもします。やがて役割分担を自分たちで決めてごっこ遊びなども楽しみます。

そして指先はさらに細かい動きができるようになり、やがてリボン結びもできるようになるなど、日常生活に必要なことはだいたい出来るようになります。

ラキュー

ラキューは、小さな五角形や六角形のピースを組み合わせて、立体的なものを作ることが出来ます。この頃から思考力が芽生えはじめ、色々なものを表現し、創造的な作品ができあがります。

アイロンビーズ

アイロンビーズは、これまでのおもちゃと比べてもっともピースが小さいものです。できあがったものは、ごっこ遊びの道具にもしたりして遊びます。

おもちゃをレンタルする

さて、いかがだったでしょうか。

保育園でのおもちゃの選び方の例をご紹介してきましたが、なかなか発達の段階を理解するのが難しいという方には、おもちゃのレンタルサービスがあります。

「マウントトイ」のサービスの特徴は、

  • 年齢、発達に合わせておもちゃを選んでくれる
  • 定期的に交換できる
  • 毎月の料金は定額制
  • 気に入ったおもちゃは、購入も可能

仕事や家事に忙しくて、おもちゃを選んでる時間がないご家庭にもおすすめです。

また、おもちゃの収納・処分に困ることがなく、きちんと殺菌・消毒もしているので安心です。

ぜひ試してみてください。

おもちゃの選び方~どう選べばいいの?~ Read More »

5歳児のおもちゃの選び方について

5歳児のおもちゃの選び方について

おもちゃの選び方

5歳児

5歳児のおもちゃの選び方について

  • 天使のささやき

5歳児になると創造的な作品1を作るようになります。

  1. ↩︎

5歳児のおもちゃの選び方について Read More »

マイアカウントページはこちらから

交換申請・各種登録変更はマイアカウントページより行ってください。